クレコンリサーチ&コンサルティング株式会社

バイオインフォマティクス

Bioinformatics

TOPServicesBioinformatics

About

バイオインフォマティクスとは

近年の生命科学における研究・技術の発達は、多種多様かつ膨大な生命情報の取得を可能としました。それらの情報を解き明かし、人々が健康でいるために今後ますます重要になる技術が、バイオインフォマティクス(生命情報科学)です。

例えば、人の遺伝情報の本体であるゲノムは、約30億個のDNAの配列で構成されますが、ひとりひとりで異なるDNA配列は、個人の生理的状態や疾患リスク、薬剤感受性とも強く関連します。
 バイオインフォマティクスは、ゲノムをはじめとする生体分子の構造・変化・挙動をコンピュータにより数値化し、生理的な情報と共に解析し、関連する生活や医療の改善方法を導き出します。

bio_diagram01

Challenge

日本におけるバイオインフォマティクスの課題

バイオインフォマティクスの現場では、生命科学における多種多様な課題への取り組みに、情報科学の広範な知識と応用力が求められます。実務者(バイオインフォマティシャン)は、幅広い経験と技術を生かして問題を解決し、必要に応じて、分野を開拓する必要があります。

bio_diagram02

生命科学と情報科学の双方の研究者にとって、お互いの分野の理解は大変困難です。また、それぞれの分野内においても、様々な研究技術を結びつけていくことは重要な課題です。バイオインフォマティシャンには、両分野の研究技術を経験・理解して、それらを統合する能力が要求されます。

日本における、アカデミアと産業界、それぞれの分野内での人材流動性の低さは、経験豊富なバイオインフォマティシャンを作り出す意味においても、また、バイオインフォマティクスプロジェクトを形成するうえでも、問題となっています。
欧米には、アカデミアと産業界の垣根なく、必要に応じて、生物学者、遺伝学者、数学者、プログラマーなど、様々な分野の組織や人々を集めて問題を解決し、分野を開拓しているバイオインフォマティクスプロジェクトが多数存在します。必要な組織・人材のネットワークの核となってプロジェクトを推進するバイオインフォマティシャンの育成は重要な課題です。

bio_diagram03

Nurturing

バイオインフォマティシャンの育成

クレコンリサーチ&コンサルティングは、バイオインフォマティクスプロジェクトを企画・立案・推進する人材としてのバイオインフォマティシャンを4つの使命感を持って育成してまいります。

01.研究実務者として

bio_img01

ヒトゲノム解析をテーマに研究開発プロジェクトに参加し、経験と実績を獲得する。
また、専門分野の研究コミュニティに参加し、コミュニティにおける存在を確立する。
(例:XXXにおける大規模ゲノム解析プロジェクトへの参加)

02.分野横断的人材として

bio_img02

ヒトゲノム解析研究実務者として、各種関連分野との共同プロジェクトに参画、分野横断的人材ネットワークを形成する。
(例:コホート研究、オミックス解析、生命情報データベースの各プロジェクトへの参加)

03.国際的人材として

bio_img03

研究実務者としての実績と、国内のネットワークを背景として、海外の関連プロジェクトに派遣・参加する。分野横断的人材ネットワークを海外に拡大する。

04.プロジェクトリーダーとして

bio_img04

クレコンリサーチ&コンサルティングにおけるバイオインフォマティクスプロジェクトを企画・立案・推進し、リーダーとして、プロジェクトを構成するバイオインフォマティクス人材を発掘・育成する。

Partner

パートナー -実務を学に貢献する場-

ilac-logo

iLACは、筑波大学発の先端科学分野の企業です。一人ひとりの体質や病状に合った適切な投薬や治療を行う「プレシジョン・メディスン」(個別化医療)の実現を目指しており、「自動前処理装置や次世代ゲノムシーケンサー*を駆使した高精度ゲノム解析技術」に強みをもちます。ゲノム解析に加えて「質量分析計による代謝物/タンパク質解析」も得意としているため、マルチオミクス解析ができる唯一の全ゲノム解析スタートアップ企業です。新たな治療標的の発見、高齢化社会における健康長寿の実現、医療費抑制に貢献します。
*次世代シーケンサー:膨大な遺伝子の塩基配列を高速で読み解く装置。

主な共同研究・受託解析先

国立がんセンター、東京大学、慶應義塾大学、東京理科大学、京都大学、筑波大学、金沢大学、大阪歯科大学など

〒305-0821 茨城県つくば市春日1-2(高細精医療イノベーション棟内)
筑波大学 高細精医療イノベーション棟

PAGE
TOP